ココ・シャネルの誕生

19世紀から20世紀、世界が第一次世界大戦、世界恐慌、第二次世界大戦激動に揺れ動くさなか、
彼女の生涯と共にブランド「シャネル」は生まれた。
1883年8月19日フランスの片田舎で生まれたシャネルは、行商人の父親と
その父親を献身的に支える母親の元に誕生した。
シャネルの生まれた過程は、平和や愛情に満たされたような絵に書いたような家庭ではなかった。

シャネルが12歳を迎える頃に、家庭をかえりみずやりたい放題の父親を
支えてきた母が亡くなる。行商人であった父親は、ほとんど家に戻ることはなく
4人の子供たちは、母親の懸命な働きによって生ながらえていた。
母親が亡くなると、父は、シャネルとシャネルの姉を修道院に預け、その下の妹と二人の弟は、
親類に預けられ育てられることとなった。

そんな家庭を顧みない父親であったが、シャネルは、孤独な修道院の生活の中で父親の帰りを待ちわびていた。
だが、父親はそれっきり姿を現さなかった。
18歳で修道院を出ると、修道院で仕込まれた裁縫の腕が役に立ち、お針子をしながら歌手を夢見ていた。
歌手になることで、自分の孤独な環境を打破したかったのかもしれない。
歌手になる夢をもつことを、諦めない彼女だったが、歌の才能よりも、彼女の強烈なまでのエネルギーと
その個性が、彼女をファッションの世界へと導いていく。