シャネルの「黒」と「自由」

19世紀、それまで男性の傍らで飾り物であったような女性の生き方をシャネルは嫌悪した。
その嫌悪感は、彼女がデザインするファションそのものへのエネルギーとして注がれていく。
様々な女性の生き方に、改革を起こした彼女であったが、まず代表的なものは「色の革命」である。
それまで、喪服にしか使われてこなかった黒を、「シンプル」で「エレガント」な色として
ファッションに新風を送り込んだ。
それ以前の華やかなピンクや淡い色合いのドレスを着込んだ女性たちは、
コルセットなどで、身体を締めつけ、歩くこともままならないような長い丈の
ドレスの裾を地面に引きずりながら、男性の後をヨタヨタ歩いているのが常だった。

そんな女性達に、「黒」を着せてみせると宣言した彼女は、宣言通り成し遂げ、
多くの女性達は、シャネルの生き方とその提案に賛同した。
その頃、女性が黒を着こなすということは、「自由」を表していた。
意志をもった女性たちが、シャネルが提案する「エレガンス」な装いをまとい
街をさっそうと歩く姿は、後の時代への影響は大きい。
シャネル買取の中で、多くの女性がブランド「シャネル」を好む所以でもあろう。

シャネルは、時代の逆風の中を行くように、女性たちを自由にする
実用的なドレスと自由な「黒」をファッションとして送り出していった。