シャネルのショートカットと決意

1917年シャネル34歳の時、ショートカットのシャネルが生まれる。
その後、彼女のショートヘアは、生涯彼女のトレードマークとなる。

その時代、女性の新しい時代の幕開けに気づきはじめた女性たちは、髪を切り始めた。
前世紀にもてはやされた、女性の豊満な美からの決別である。
男性にもてはやされるファッションではなく、自分のためのファッションに目覚めた瞬間である。
時代がシャネルを追いかけはじめた、そうなると、シャネルの創作意欲は止まらない。

髪を切った彼女は、生涯想い続けたと言われている男性のとの死別の前に一度、
彼との決別を決意している。
そこには、複雑な人間模様があったのだが、生涯想い続けた彼には、
実はすでに決められた婚約者がいたことが分かったのだ。

シャネルが髪を切ったのも、ちょうどその頃で、彼女が猛烈に仕事に打ち込んだのもその頃である。
仕事が順調に進む彼女の元に、ある日、彼が戻ってきた。
もちろん、複雑な関係であることには変わらない。そんな関係を続けるさなか、彼は交通事故により、
帰らぬ人となった。

女性が髪を切るということは、どの時代にも隠された決意があるのかもしれない。